2020年10月

10月上旬から中旬の小さな畑

小さな畑日記担当の井原裕士です。
10月の上旬から中旬までの様子をまとめて書いちゃいますね〜。

9月下旬にプランターに播いたコマツナ、IMG_2187
10月上旬には良い感じに大きくなってきました。
IMG_2221
が、虫除けのネットを掛けずにいたら、案の定虫にやられ始めました。
10月中旬頃、付いていた虫をできるだけ駆除して、慌ててネットを掛けました。IMG_2243
IMG_2242
最初から掛けておけば良いのにw。毎度懲りてねえなあ、わしw。

そんなこんなで、大根の方も10月上旬には結構良い感じに育ってました。IMG_2225
IMG_2226
で、10月中旬にはこれまた虫が結構葉っぱを食っていたのですが、これくらいまで育っていれば多分大丈夫だろうと言う事で、こちらは間引き。
IMG_2256
IMG_2268
IMG_2267
なんか結構スカスカになっちゃった…。
大根の間引きをやってたらすぐそばにミニトマト発見。
IMG_2266
大根の邪魔になるからとりあえず掘り起こして移動デス。余っていた土をプランターに入れて、植えてみました。放置したままだったポットにバジルの小さい苗があったので、一緒に植えてみました。これからの時季にどれくらいまで育つかチャレンジw(てきとう)。
IMG_2272
で、畑の方に直植えしているミニトマトの方ですが、少し涼しくなって再び花をつけるようになってきました。
IMG_2271
IMG_2263
前回は暖冬だったから、ミニトマトが年越しまで持っちゃったんだよねえ…。今年はどうなるかな〜。
ピーマンやシシトウはミニトマトの後ろのあたりでひっそりと元気にやってます。
IMG_2264
IMG_2253
モロヘイヤは育ちまくって高さが130センチくらい?IMG_2228
葉っぱもぎって時々食べる感じですが、なかなかそんなには食べないんですよねえw(勿体無い。)IMG_2252
黄色い花が残ってはいますが、実が太って種がだいぶできてきているようです。(モロヘイヤの種には毒あり。)
IMG_2258
ここまで育ったのだし、枯れるまでに葉っぱをできるだけ食べるようにしないといけませんな。
ちなみに、かき分けてみたらカマキリの卵らしきものが茎に付いていましたよ。IMG_2260

そんな訳で、間引いた大根はお鍋に入れて美味しくいただきました。
IMG_2269

9月下旬〜10月の小さな畑周辺の除草

小さな畑担当の井原裕士です。

さて、9月に入って小さな畑はニラの花が満開になっていた訳ですが、毎年花が咲いた後に放置していたので、実をつけてこぼれた種が畑の境界を超えて外側に生えるようになってきました。一応、掘り返した土に芝生が侵入してこないように、畑として大きめの石でゆるめに区切ってあるのですが、最近はその外側もニラが根付いています。
IMG_2082
そんな訳で、車を駐めている鼻先までニラが茂ってきたりしているのですが、その辺りに今年、畑では見慣れない黄色い花が一輪咲いていました。(写真は別の場所のに咲いていたもの。)DSC_0294
DSC_0296
ゼフィランサス。(ヒガンバナ科 ゼフィランサス属)
うちに咲いていたのは黄色い花で、ゼフィランサス・シトリナらしいです。
どうやらお隣からのこぼれ種で、駐車場の脇に咲いていたものが徐々に運ばれて畑のそばまで迷い込んできていた模様。
花は綺麗なので観賞用には良いのですが、調べてみたらヒガンバナの仲間で、毒があります。ニラと間違えてスイセンの葉を食べて中毒になるという話はよく聞くのですが、これもシューっと伸びた葉っぱが紛らわしいので、間違えて食べたりするとヤバイ奴。
生えていたのはまあ、畑の外ではあるのですが、紛らわしいので慌てて除草。この時、素手で取ったら、ちぎった時に触れた辺りが赤くかぶれたようになり、しばらくチクチクしました。当初は何でこんな所が痛いのか原因がわからずにいたのですが、ネットで調べたらゼフィランサスは全草に毒性があるのでガーデニング用の手袋をつけた方がいいと書かれていて、そう言う事か!と判明した次第。

取った後で気付いたんですが、これ球根なんですよねー(汗)。幸い花の種はこの辺に落ちてはいないと思うけど来年も生えてくるかも…。
ニラは気をつけて収穫してるから大丈夫だとは思うものの、食べる物の危険性はできるだけ排除したい。
そんなこんなで、同じように種が侵入してこないように、念のために家の周囲に生えていたゼフィランサスは駆除することにしました。
駐車場の脇の辺りに生えていた黄色い花を頼りに根こそぎ掘り取って行ったらかなりの量になりました。
IMG_2101

IMG_2102
かなり丸々と肥えた球根。2年目以降という感じでしょうか。
IMG_2100
種がこぼれる前でよかった。

…とはいえ、この後、10月に入ってからも地面から葉が伸びてきたのを見かけたので、2度ほど掘り起こして除草をしました。
根っこが小さいのもありましたから、去年落ちた種から芽吹いた奴が結構ある模様。丁度葉が伸びてくるシーズンのようなので、生える場所が分かってさえいれば駆除するには良いタイミングだったようです。しっかりした球根の物もかなりあったので、残しておいて鑑賞用に欲しい人にあげれば喜ばれるのかなあ…。

沢山掘ったので、結果的にニラと見分けられるようになりましたよwww。
でも毒が怖いから畑には近づけないよ〜〜。

シソの実の醤油漬け

小さな畑、9月下旬になり、ニラやバジルに花が咲いてきています。
IMG_2174
シソも花を咲かせていましたが、上の方から徐々に花びらが散って行っているので花の時期はぼちぼち終了します。
IMG_2171
花が散りきる前に穂を摘んで、シソの実の醤油漬けを作ることにしました。IMG_2178
噛んだ時に程よいプチプチ感が感じられるのは花がまだ少し残っている位が良いそうで、全部散り終わってしまうと実が硬くなりすぎて食べづらいようです。
IMG_2177
そんな訳で摘み時のものを中サイズの鍋一杯くらいゲット。
水で洗って〜〜…
IMG_2179
IMG_2183
穂をしごいて茎からとります。
IMG_2184
手が汚れるそうなので使い捨ての手袋をつけて作業。IMG_2197
写真を撮ってなかったですが、さっとお湯で茹でました。ざるにあげて水気を切って半分くらいは塩をまぶしてジップロックに入れて冷凍しました。こうすれば長めに保存できるようです。
そして残り半分は、よーーーく水気を切って醤油につければ醤油漬け完成!。…って、こっちも作りたての状態の写真を撮っていなかったww。
ガラスの容器に入れて冷蔵庫入れてありましたが、既に結構使っちゃってる(汗)。一応のお写真がこちら。シソの香りが乗ってて美味しい〜です♪。
冷奴にかけるとちょーバッチリでした。
IMG_2279
結構消費してしまったので花が落ち切ってからの穂を使って同じように作ってみましたが、結構穂の中の種の殻が硬くなっててイガイガして食べづらくなってました(汗)。やはり少し花が残ってるくらいが摘みどきのようですね。

9月中〜下旬の小さな畑の様子

小さな畑日記担当の井原裕士です。
9月中〜下旬頃の小さな畑の記録を残しておきます。

さて、暑さがなかなか治らなかった9月ですが、夜には徐々に凌ぎやすくなってきました。寒くなる前に大根の種を蒔いておきたいので、ニラを掘り取ってあけた場所に石灰と肥料を混ぜこんでいきます。
IMG_2096
石灰どばー。
IMG_2144
これはアレです。菓子とか食品に入ってる乾燥剤の袋の中身。資材としてリサイクルねー。
ここに化成肥料を適当にばら撒いて鍬で混ぜ混ぜ。大根は深めに耕した方がいいのですが、ニラの株を取り除いた時にスコップである程度掘り起こしておいたので、土全体が馴染んだらそれで良しとしました。
IMG_2146
本当は1週間くらい土を休ませてなじむのを待つのが良いのですが、面倒なのでそのまま種まき。
一応、畑の2箇所に場所を空けたので、一方に大根、もう一方に残っていたホウレンソウの種を撒いてみました。時期的にホウレンソウは合っていないかもですが、出ればラッキーということで。

で、結果、3日ほどしたら大根は無事、芽吹いてきました。IMG_2156
ホウレンソウの方はその後、ほぼほぼ芽が出る感じにならなかったので露地まきでは時期的にダメだったみたいです。(タネが春まき用だったので。)
IMG_2155
IMG_2158
他に、掘ったニラの株をプランターに入れる時に培養土を買ってきたのですが、土が残ったので、余っていた小さめのプランターに入れて、春先の使い残しのコマツナの種があるので、ついでにばらまきしてみました。(真ん中の四角いやつ。)
IMG_2148
こちらも3日後くらいには芽が出始めてくれました。IMG_2166
どっかで虫除けの網かけないといけません。前回、プランターで育てた際に小さめの青虫にやられまくったので…。

9月上旬の小さな畑の様子

ニラ以外のものも記録しておかなくてはいけませんね。
小さな畑の9月上旬頃の様子です。
緑のカーテンにしてあるナガイモは2階のベランダまで伸びて、ちょっと黄色味がかってムカゴもつき始めました。
IMG_2036IMG_2034
ん?
IMG_2035
んん??
やばい。丸々と太った奴がいるーー!
スズメガの幼虫です!。(コレはキイロスズメ?)コレにたかられると、ムカゴがなくなってまうう!
以前、こいつらにたかられて、沢山あったはずのムカゴがちょんぼりになってしまった事がありました。
葉っぱを食べまくって蔓だけの丸裸ににされちゃうんですよねー。
グリーンカーテン用の網から蔓を外す際に沢山いたのを見つけて、くっついていた奴らを集めてみたら、その時は丸々と太ったのが茶色や緑やと、色のバリエーション豊かに10匹以上いたりしました。楽しみにしていたムカゴがむちむちの芋虫になってしまった感じで、その時は非常にがっかりでした。(昆虫食はしないので(汗)。美味しいらしいですが食べる勇気はないw。)
検索してみたら、芋にたかって葉を食べてしまうので芋虫というらしいです。なるほど納得!!。
IMG_2038
そんな訳で蔓から離しました。遠近感が微妙で分かりにくいかもですが、私の親指くらいの太さがあります。でけえなあ…。とりあえずこのまま放置して、鳥に食べてもらいますわ。
ところで、茶色のこいつですが、今回は葉が緑色だったので目立ってすぐ見つけられましたが、もう少し葉が枯れてくると、この体の色の濃淡が丁度、枯れて丸まった葉っぱそっくりに見えて、見分けるのが難しくなります。最初にそれに気付いた時には、よくできてるなあと感心しましたw。
自然ってしゅごい!

その他の物はというと…グリーンカーテンの足元のプランターに植えてあるサツマイモ、絶好調です。
IMG_2048
そういえば以前、こぼれ種から少し芽が出ていた大根、放置っぽく適当に扱っていたらダメになっていました。 …穴だらけ…。
IMG_2053
雑に扱われていた所に虫に食われて葉っぱが負けた感じです。まあ、ただでさえ虫食いが多くなる時期なので仕方ないかもしれません。食べられやすい葉物は、ある程度大きくなるまではケアしてやらないとダメですねえ…。
 一方で夏場が旬のピーマン、シシトウ、モロヘイヤは順調です。
IMG_2055
IMG_2056
IMG_2057
って訳で、諸々の物を収穫。
ピーマン!
IMG_2058
IMG_2059
シシトウにモロヘイヤにニラです。

モロヘイヤはゆでてからツナとコーンを混ぜて食べました〜。
IMG_2069
ピーマンも料理に使ったら、「ピーマンって苦いと思ってたけど苦くない!」と娘に好評でした。食わず嫌いが一つクリアされた。(まさに食育!!w)
メンバーリスト
ギャラリー
  • 9月中〜下旬の小さな畑のシソの実の収穫
  • 9月中〜下旬の小さな畑のシソの実の収穫
  • 9月中〜下旬の小さな畑のシソの実の収穫
  • 9月中〜下旬の小さな畑のシソの実の収穫
  • 9月中〜下旬の小さな畑のシソの実の収穫
  • 9月中〜下旬の小さな畑のシソの実の収穫
  • 9月中〜下旬の小さな畑のシソの実の収穫
  • 9月中〜下旬の小さな畑のシソの実の収穫
  • 9月中〜下旬の小さな畑のシソの実の収穫
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ