収穫

9月中〜下旬の小さな畑のシソの実の収穫

ニラとシソの白い花が満開になった9月。蝶や蜂やが蜜を吸いにブンブン飛んで来ています。
IMG_3357
時には羽音が大きなスズメバチも見かけるので、花に集まる虫を目当てに狩り場にしているのかもしれません。
IMG_3339IMG_3342
自生して来る食べられる草のみなさんを尊重した結果、畑なんだかお花畑なんだか、単なる荒地なんだかよく分からん状態にw。管理しきれてない〜〜w。何事もほどほどがいいんですよねえ。
読者の皆さんには、うちみたいに自主性に任せて放置せず、多少は手を入れることをお勧めしますw。
IMG_3340
さて、9月後半に入って、満開だったニラの花に徐々にタネがつき始めました。
IMG_3349
時々草刈りがてら採っては綺麗目な部分を刻んで餃子の具にしたり、4センチくらいの幅に切って焼肉のタレに漬け込んで副菜として食べたりしてるんですけども、花のついた主軸がしっかりしてしまって、葉っぱも採りごろを少し過ぎた感じになって来てます。まあ、まだまだ食べていくけどね。

 で、シソの方も徐々にタネができて来てるようで、花びらを落とし始めました。白い花弁が少し穂先に残るくらい。
IMG_3352
これこれ!!シソの実の採りごろ!!!
シソの実(種)を収穫したいなら、これぐらいの時期がちょうど良いようですよ!
これより後になればなるほど、種の皮やガクの部分が硬くなって、食べづらくなってしまいます。頑張れば食べられなくはないけどイガイガした食感が残るのであんまりよろしくないw。(経験済み。)
そんな訳で、穂の中のタネが茶色く色づくよりも前、まだ白くて柔らかい位がプチプチとした歯ごたえを楽しめる採りごろ♡
IMG_3361
うかうかしてると硬くなってしまうので、畑の全面のシソを慌てて収穫でございます。
IMG_3353
なんかね。採っても採っても終わらないのよw。IMG_3371
穂を軸から外す際にアクがついて指が茶色くなるので手袋推奨。
IMG_3380
穂を軸から外した後、水洗いし、塩を入れたお湯で下ゆで。
IMG_3375
ザルにあけて水切りし、塩漬けと醤油漬けにします。
IMG_3377
塩を適当に振っておいて重石を載せました。
IMG_3378IMG_3379
半分は醤油漬け。
塩漬けした方はこの後、水が出たら汁を捨ててからジップロックに入れて冷蔵しました。
おにぎりにすると美味しいらしい塩漬けのレシピを参考にしましたよ。

シソはこの後も娘と一緒に実をできるだけ収穫しましたw。

8月下旬の小さな畑の様子

以前玉ねぎマルチをやってあった辺りにだいぶ時期遅めにキュウリとツルムラサキの苗を植えましたが、ツルムラサキの方もようやく収穫できる感じになって来ました。IMG_3257
IMG_3259
今年初めて栽培したんですけど、ツルムラサキって結構太めのツルなんですねえw。
IMG_3260
適当に葉っぱを収穫して味噌汁の具にしましたyo!。

ミニトマトは今年は葉っぱばっかり茂って実の付きがイマイチ。
IMG_3264
IMG_3265
採れなくはないのですが、収穫は細々な感じです。脇芽取り損なって側枝が育ちすぎたからかしらw。雨が多すぎるのもあるかもしれませんねえ。

 モロヘイヤ、自生したものもしっかりサイズに育ちました。
IMG_3261
畝の端の方にも自生したモロヘイヤだと思ってだいぶ長い事水やりしていた葉っぱがあったのですが、育ってきたらどうも何か葉の付き方が違うと気づいて、全然別物だと判明したものがありました。(エノキグサでしたw。)紛らわしいw。
 苗植えしたピーマンは地道に育って実をつけております。
IMG_3262
IMG_3258
畑の隅の方にマルチを敷いて植えた里芋はやはり虫に食われまくって本格的にダメになったようです。まあ、元々駄目元で残り物を植えたんですが、育ってくれなくて残念。

 他の所はというと、毎度の事になってきましたが、あまり手を入れていない所は放置されたシソとニラに埋め尽くされてます(苦笑)。ニラ、色々使えて便利でいいんですが、多すぎねww。(勿体無くてなかなか間引けないんス(汗))
IMG_3282
足場を作るために草刈りしたら、刈った中からニラをより分けて食材として使う感じw。そもそも苗植えしたもの以外は半放置に近く、畑全体に毎日水やりを欠かさずやっている訳ではないので、葉先が枯れかけたりサビ病でオレンジになってる所もあったするのですが、今の時期、花芽のついて硬くなった中心の軸を除いてやれば、青い葉は柔らかいので美味しく頂けます。瑞々しそうな所を洗って、4cm幅位に刻んで焼肉のたれに漬け込んでやるとご飯のお供にちょうどいいですよ〜。





8月中旬の小さな畑の様子

梅雨が明けてから後、お湿りがないのでそろそろ雨が降ってほしいとか言っていたら、今度は雨が続きますねえ。小さな畑日記担当の井原裕士です。
お盆時期に実家へしばらく帰省する際は、庭の水やりができない為に毎度実家の義弟に水撒きをお願いしたりしていたのですが、今年はその心配もなく、逆に降りすぎなくらいに降ってくれて、2つ空になっていた雨水タンクが帰宅時には満水になっておりました。
暑さで乾燥気味だった畑も、たっぷりの水を吸ってか、緑がすんごい青々しております。と、言う事で2021年の8月中旬頃の小さな畑の様子を記録しておきます。
IMG_3240
青々w。
IMG_3239
ミニトマト、かなり伸びて来て重心が変わって不安定になり、支柱の差し具合が浅かったもんで倒れてましたw。とりあえず立て直し。周辺のニラも青々としてて柔らかくて美味しそうになって来ました。ちょっと前までは畑の水気が少なくて、乾きすぎからサビ病の葉っぱが結構見られましたが、水、沢山吸って元気になったっぽいw。
IMG_3236
って言うか、ぼちぼちニラに蕾がつき始めてるので、今まさに栄養たっぷりで美味しい盛りになっているのではないかと思います。
サツマイモはプランターの方も地植えした方も元気に葉を増やしてます。
IMG_3241IMG_3249
水が多すぎるのか逆にちょっとしんなりしているのがネギ。
IMG_3244
里芋はこの前、一番育って来てた葉っぱに黒地に黄色の斑点がついたスズメガの幼虫がたかリまくっててやられてました。(セスジスズメらしい)全滅ではないものの、チョロリな感じの葉っぱしか残ってないので、こりゃ期待薄です(苦笑)。
IMG_3245
自生してた大根も葉っぱを大分やられていました。ありゃりゃ〜〜。
IMG_3246
苗植えのピーマンは大丈夫そう。
IMG_3242
その横に植えたツルムラサキとキュウリも元気そうです。
IMG_3243
地這いにしたキュウリ、元の方をよく見たら…
IMG_3247
IMG_3248
でかいキュウリが2つできてました!。帰省前に小さめの実がついてたの忘れてた(汗)。
IMG_3251
本日の収穫w。キュウリ、一本で売り物の三本分くらいの体積があるw。切ってみたらまだタネも柔らかくて普通に美味しくいただけましたw。

畑だけでなく、駐車場にしてある所も青々と草が茂りまくりましてですね。車置くにはちょっと草丈が伸びて来すぎた感が否めない。ここ、人様にお貸ししてある場所なので流石に草刈りしておきました。
雨続きで外作業がなかなかできなかったのですが、雨が上がった少しの隙を見て電動草刈機で除草〜〜〜!
DSC_0191
って、何やら端の方に白いキノコ生えてるw。
DSC_0192
結構でかいです。(比較画像。私の手)
DSC_0193
なんてキノコだか不明なので、こいつは放置でございますw。時々庭に生えるキノコ類、怖くて手が出せませんが、ここまで大きく育ったのは初めて見ましたよ。

7月上旬の小さな畑の様子

さて、タマネギは収穫が終わ理ましたが、小さな畑の他の所の様子を記しておきます。
DSC_0033
まあ、畑全体はニラと雑草が生い茂る感じで、いつものようにもっさり緑になっております。
DSC_0041
自生したミニトマト、二本ともすくすくと育っております。一応それぞれに支柱を立てておきました。
DSC_0043
ポットに蒔いた種、なかなか発芽しなかったので成長も全般的にゆっくりだったりします(汗)。
DSC_0035
奥の列からバジル、マリーゴールド、ツルムラサキ、ミニトマト、左側がシシトウ、一番手前がヘチマ。ヘチマはようやく本葉が出てきました。ミニトマトは昨年甘くて美味しかった実を自家採種して種をポットまきしたのですが、丈がまた小さくてちょろっとした感じです。なんか既に自生しちゃって畑の中ですくすく育っているものもあるし、こっちも多少小さくても良いからもう植え付けちゃえ〜ということで…
DSC_0046
とりあえず畝作ってあったところに植えました。(わかりづらいネ!。)

ツルを植えたサツマイモはこんな感じ。プランター植えはそれなりに葉数を増やし始めています。
DSC_0038
露地植えの方はというと…
DSC_0044
畝に植えた方は葉っぱがあんまり育ってなくてチョロリな状態。
DSC_0047
むしろその脇に勝手にこぼれ種から自生してきたモロヘイヤの方が元気な感じになってやがる(汗)。
DSC_0050
そして割とぞんざいに狭いところに植えた余り物だったツルの方が、むしろしっかり根付いて葉数を増やしていたりします(苦笑)。
DSC_0051
そしてコレまた、こぼれ種から自生した大根が、結構いくつも順調に育ってきてしまっていましたわw。
ホント、自生するやつは強いw。

少々時期外れながらセンチュウ対策にと種を蒔いたマリーゴールドですが、畑直播きの方は辛うじて一本だけ育ってました。小さいけどw。
DSC_0045
他は全然見かけない。たくさんあったはずの種、どこ行った(泣)。ポットに播いたタネも1つしか育ってねえです。(しかも小さいw。)家庭菜園始めて2〜3年した頃(10年くらい前?)にもセンチュウ対策にマリーゴールドが良いと聞いて畑に種を直播きしたことがあったんですが、その時は沢山芽吹いて花がついて種も沢山採れたんで…やっぱり種の播き時が適期でないとダメってことですかねえ…?。昔の方が丁寧に育てようとしてたからちゃんと面倒を見ていたというのもあるかもですが。

大葉シソがいっぱい育ってます。植えっぱなしのネギはネギ坊主が出来た後の軸が硬かったりするので、必要に応じて収穫する際は、柔らかそうな葉を選んで採る感じですね。
DSC_0049
そして庭のフェンスの外で通り沿いに増えていたアシタバが、とうとう庭に入り込んで窓際の辺りにまで進出してきた…。
DSC_0053
アシタバは若い柔らか目の葉を刈り取って今日のおかずにします。これだけじゃ足りないのでフェンス外を確認し、いっぱい生えていたものを除草作業がてら収穫しておきましたw。
DSC_0056
こいつらは硬い茎を取り除いて、一度軽く塩茹でしてからざく切りに。ツナ缶とおかか、砂糖を足しためんつゆと一緒にごま油で炒めると独特の癖があるものの美味しい一品になります。今回収量に合わせてツナ缶2つ分加えて多めに作ってみたけど、2〜3日して味が染みたほうがうまかったデスyo〜。




6月下旬の小さな畑の玉ねぎの収穫

6月下旬、ほかしっぱなしだった玉ねぎの畝を、陽が出た時に確認しました。
DSC_0001
本来ならば雨にさらされる前の5月くらいに収穫するのでしょうが、玉がいまいち大きくなりきっていなかったので、育つのを待つつもりでそのまま放置していました。(時々雑草を抜いたりは一応してた。)
DSC_0002
それなりのサイズのものもあれば小さいのもありと見事にバラバラw。
DSC_0003_3
青い葉の部分が枯れて茶色のものがチラホラ。こいつはもう育ちそうにないので収穫しないとダメだ〜〜。
DSC_0004
抜きました。可愛いサイズw。っていうかほとんどがこれ位のサイズw。
以前プランターで玉ねぎを育てようとした時は上手く行かずにほぼほぼダメにしましたので、それに比べれば可食部分がコレだけあるなら、私的にはチョー前進ですのよw。この後、欲をかいて葉が出てるものをそのまましばらく畑に残しておいたら、梅雨の長雨で結構グズグズに…(汗)。やっぱ適期に収穫しておかないといかんのですねえ(苦笑)。
最終的に収穫はコレくらいになりました。
IMG_3140
まあそれなりに食べられそうだしまずまずか。全部小ぶりな手のひらサイズだけどもw。
こういうの見ると農家の人は偉いよなあと実感しますねえw。
傷んでいるものからどんどん料理に使うことにします。旦那用にたまねぎの皮を取っておいてお茶にしてるんで(高血圧対策)たくさんとれるかな〜と思ってたんだけど、グズグズな所を剥いて行ったらかなり少なくなっちゃったyo(泣)!
メンバーリスト
ギャラリー
  • 9月中〜下旬の小さな畑のシソの実の収穫
  • 9月中〜下旬の小さな畑のシソの実の収穫
  • 9月中〜下旬の小さな畑のシソの実の収穫
  • 9月中〜下旬の小さな畑のシソの実の収穫
  • 9月中〜下旬の小さな畑のシソの実の収穫
  • 9月中〜下旬の小さな畑のシソの実の収穫
  • 9月中〜下旬の小さな畑のシソの実の収穫
  • 9月中〜下旬の小さな畑のシソの実の収穫
  • 9月中〜下旬の小さな畑のシソの実の収穫
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ