収穫

7月上旬の小さな畑の様子

さて、タマネギは収穫が終わ理ましたが、小さな畑の他の所の様子を記しておきます。
DSC_0033
まあ、畑全体はニラと雑草が生い茂る感じで、いつものようにもっさり緑になっております。
DSC_0041
自生したミニトマト、二本ともすくすくと育っております。一応それぞれに支柱を立てておきました。
DSC_0043
ポットに蒔いた種、なかなか発芽しなかったので成長も全般的にゆっくりだったりします(汗)。
DSC_0035
奥の列からバジル、マリーゴールド、ツルムラサキ、ミニトマト、左側がシシトウ、一番手前がヘチマ。ヘチマはようやく本葉が出てきました。ミニトマトは昨年甘くて美味しかった実を自家採種して種をポットまきしたのですが、丈がまた小さくてちょろっとした感じです。なんか既に自生しちゃって畑の中ですくすく育っているものもあるし、こっちも多少小さくても良いからもう植え付けちゃえ〜ということで…
DSC_0046
とりあえず畝作ってあったところに植えました。(わかりづらいネ!。)

ツルを植えたサツマイモはこんな感じ。プランター植えはそれなりに葉数を増やし始めています。
DSC_0038
露地植えの方はというと…
DSC_0044
畝に植えた方は葉っぱがあんまり育ってなくてチョロリな状態。
DSC_0047
むしろその脇に勝手にこぼれ種から自生してきたモロヘイヤの方が元気な感じになってやがる(汗)。
DSC_0050
そして割とぞんざいに狭いところに植えた余り物だったツルの方が、むしろしっかり根付いて葉数を増やしていたりします(苦笑)。
DSC_0051
そしてコレまた、こぼれ種から自生した大根が、結構いくつも順調に育ってきてしまっていましたわw。
ホント、自生するやつは強いw。

少々時期外れながらセンチュウ対策にと種を蒔いたマリーゴールドですが、畑直播きの方は辛うじて一本だけ育ってました。小さいけどw。
DSC_0045
他は全然見かけない。たくさんあったはずの種、どこ行った(泣)。ポットに播いたタネも1つしか育ってねえです。(しかも小さいw。)家庭菜園始めて2〜3年した頃(10年くらい前?)にもセンチュウ対策にマリーゴールドが良いと聞いて畑に種を直播きしたことがあったんですが、その時は沢山芽吹いて花がついて種も沢山採れたんで…やっぱり種の播き時が適期でないとダメってことですかねえ…?。昔の方が丁寧に育てようとしてたからちゃんと面倒を見ていたというのもあるかもですが。

大葉シソがいっぱい育ってます。植えっぱなしのネギはネギ坊主が出来た後の軸が硬かったりするので、必要に応じて収穫する際は、柔らかそうな葉を選んで採る感じですね。
DSC_0049
そして庭のフェンスの外で通り沿いに増えていたアシタバが、とうとう庭に入り込んで窓際の辺りにまで進出してきた…。
DSC_0053
アシタバは若い柔らか目の葉を刈り取って今日のおかずにします。これだけじゃ足りないのでフェンス外を確認し、いっぱい生えていたものを除草作業がてら収穫しておきましたw。
DSC_0056
こいつらは硬い茎を取り除いて、一度軽く塩茹でしてからざく切りに。ツナ缶とおかか、砂糖を足しためんつゆと一緒にごま油で炒めると独特の癖があるものの美味しい一品になります。今回収量に合わせてツナ缶2つ分加えて多めに作ってみたけど、2〜3日して味が染みたほうがうまかったデスyo〜。




6月下旬の小さな畑の玉ねぎの収穫

6月下旬、ほかしっぱなしだった玉ねぎの畝を、陽が出た時に確認しました。
DSC_0001
本来ならば雨にさらされる前の5月くらいに収穫するのでしょうが、玉がいまいち大きくなりきっていなかったので、育つのを待つつもりでそのまま放置していました。(時々雑草を抜いたりは一応してた。)
DSC_0002
それなりのサイズのものもあれば小さいのもありと見事にバラバラw。
DSC_0003_3
青い葉の部分が枯れて茶色のものがチラホラ。こいつはもう育ちそうにないので収穫しないとダメだ〜〜。
DSC_0004
抜きました。可愛いサイズw。っていうかほとんどがこれ位のサイズw。
以前プランターで玉ねぎを育てようとした時は上手く行かずにほぼほぼダメにしましたので、それに比べれば可食部分がコレだけあるなら、私的にはチョー前進ですのよw。この後、欲をかいて葉が出てるものをそのまましばらく畑に残しておいたら、梅雨の長雨で結構グズグズに…(汗)。やっぱ適期に収穫しておかないといかんのですねえ(苦笑)。
最終的に収穫はコレくらいになりました。
IMG_3140
まあそれなりに食べられそうだしまずまずか。全部小ぶりな手のひらサイズだけどもw。
こういうの見ると農家の人は偉いよなあと実感しますねえw。
傷んでいるものからどんどん料理に使うことにします。旦那用にたまねぎの皮を取っておいてお茶にしてるんで(高血圧対策)たくさんとれるかな〜と思ってたんだけど、グズグズな所を剥いて行ったらかなり少なくなっちゃったyo(泣)!

レモンバームシロップを作る

お隣からのこぼれ種が結構やってくるうちの玄関脇ですが、2〜3年くらい前?からお隣のフェンスとの境の辺りにレモンバームが自生し始めました。
お隣の奥さんに「コレ、匂い嗅いでみて〜♪」って言われてハーブの一種だと教わったのですが、順調に根付いた感じになっています。ミツバに続いての、お隣からの流れハーブw
IMG_3078
同じ群落の中にほんの1〜2本?ヨモギらしきものが生えているので、コレもできれば増えて根付いて欲しいと思いつつ、自然に任せています。
IMG_3079
さて、レモンバームはハーブティーにすると良いらしいのですが、あんまりそういう小洒落たものを飲む習慣がないので、別の使い方はないものかと思っていたところ、煮汁に砂糖を入れてシロップにするのが便利そう。
IMG_3080
葉をもいで綺麗に洗って
IMG_3081
三温糖と〜
IMG_3082
水を足して〜
IMG_3084
煮込む。あ、葉っぱほとんど取り除いた後の写真しかないやw。
IMG_3090
粗熱が取れたらボトルに移します。
IMG_3093
綺麗な琥珀色〜♪。レシピ確認したら、水で成分を煮出して、葉っぱを取り除いた後に砂糖を入れて煮るようです。いや、まあそう大して変わらないから良いんだけどw。
 このシロップをレモン風味の炭酸水で割って飲むとジンジャーエールっぽくて美味しいかったですyo!。手軽に作れるしこいつはありがたい。レモンバームは効能として花粉症に効くらしいのですが、そうでなくても普通にシロップとして美味しいし使い勝手が良さそうです。常備決定〜♪。






ドクダミ焼酎作ってみました。

うちの敷地にはドクダミが繁茂しております。キチンと庭の手入れをしていないが故なのですが、特に家の北側の辺りは一面下草がドクダミな感じ。一時刈り取っても地下茎が残り、しばらくすれば復活するので、もう、ここはそういうものだと思って長年過ごしてきてしまっています。
そんな訳で材料には事欠かないドクダミですが、虫刺されによく効くとおばあちゃんの知恵袋的な話題がTwitterで流れてまいりました。ドクダミの花の部分を摘んで度数高めの焼酎に漬けるだけとのこと。丁度花が咲いている時期でしたので早速試してみる事にしました。
IMG_3069
6月中旬に入ってきていてぼちぼち花が終わりかけの時期にかかってきていたため、既に白いガクの部分が茶色く枯れたものが多くなっていました。むむう、やるのがちと遅めだったか。
綺麗目な花はとりあえずこれくらい。もう3〜4日早ければもっと数採れたのかも。
IMG_3070
かろうじて一瓶分かな〜。
IMG_3071
全体がヒタヒタになるように焼酎を注いで…。
まあ、これくらいあれば一夏持つかな?。来年は花の時期にちゃんと収穫しようw。
IMG_20210612_115735
花がきちんと漬かって茶色くなれば完成。3〜4日すればできる感じ?
IMG_3142
と、いう事で実際に蚊に刺された時に使ってみました。つけると焼酎のアルコール分でスーッとする感じ…だけじゃなく、確かに痒みが引くのが早い気がしますよコレ(汗)。先人の知恵スゴイ。
侮れないなあドクダミ。名前の語源って「毒出し」からなんですねw。
お茶とかも作ればいいんでしょうが、昔ちょっとだけ葉っぱ干して作ったりした事もあったけど、そんなには飲まないので何となく飽きて(おいw)やめちゃったし、化粧水も作ってみたことあったけど、元より私が基礎化粧自体をほとんどやらない人間なので全然活用できなかったんだよなあw。
でも、コレならしっかりドクダミを活用できそう!。毎年刈り取るばっかりだったけど、ちゃんと利用できるのはありがたいですね!。

庭に生えた山椒を収穫

家の敷地の北側に自生した山椒。順調に育っている感じです。
IMG_2947
IMG_2949
ぼちぼちいいかな〜?という事で、5月の末頃に青い実を収穫しました。
IMG_2954
今年初めて実をつけたのでこんなものなのでしょうが、使うには少なっ!w。
たくさん採れたら醤油漬けにして使いまくりたい所でしたが、この量では全然足りません。どうしよっかな〜〜と判断保留のまま4日ほど置いていたら結構乾燥しちゃったらしく、皮が勝手に爆ぜてしまってましたw。
IMG_2982
あちゃー。こうなったなら仕方ないので、もう乾燥一択で。さらに2日ほど天日に当てて追加乾燥させました。
IMG_2999
すっかり乾いた感じ。黒い丸い粒が中に入っていた種。口を開けたパックマン状のものが皮です。
IMG_3002
秋口に熟した実を採って香辛料として使う際も、硬い種の部分は取り除いて皮だけ使うようなので、同じように使えばいいんだよねえw。とりあえず皮と種を分けてー…
IMG_3003
以前使っていたミルで挽いて使うことにしました。
IMG_3004
挽きたてが楽しめるこのミル入り山椒、すごく香りが良くて好きだったのですが、詰め替え用の山椒の方を店頭で見つけられないまま、この商品自体が消えてしまったため、最近は仕方なく粉末の山椒を使っていました。
青い実山椒の皮なので熟したものと多少の違いはあるかもですが、自前でミル用の具が用意できるならそれに越したことなしwww。ミル復活w。使うのがちょっと楽しみw。

そして先日、たまたまスーパーの店頭で袋入りの実山椒が売られているのを見つけられたので、二袋購入して醤油漬けを作りましたw。わーい!!去年は見つけられなかったからこれは嬉し〜い!
IMG_2987
洗った実を塩茹でして〜
IMG_2988
茹でこぼした後、1日水にさらしてから、太めの枝の部分を取り除いて煮沸消毒した瓶に醤油と一緒にひたひたになるように入れて、冷蔵庫で保存。味が馴染んだら完成です。
IMG_3001
ピリリと痺れる山椒の独特の美味しさが麻婆豆腐や冷奴によく合います。和製スパイスの調味料として何かと重宝しますよ!
この時期、旬の実山椒を見かけたら、醤油漬けにすることを個人的にはオススメします!。
早く味がなじまないかなあww。
メンバーリスト
ギャラリー
  • グリーンカーテン用のヘチマを植えーる
  • グリーンカーテン用のヘチマを植えーる
  • グリーンカーテン用のヘチマを植えーる
  • グリーンカーテン用のヘチマを植えーる
  • グリーンカーテン用のヘチマを植えーる
  • グリーンカーテン用のヘチマを植えーる
  • グリーンカーテン用のヘチマを植えーる
  • グリーンカーテン用のヘチマを植えーる
  • グリーンカーテン用のヘチマを植えーる
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ