こんにちは。小さな畑日記担当の井原裕士です。
えっとですね。台所の根菜の籠の奥に使い忘れてた里芋が出てきたんですよw。
IMG_2957
植える時期的にはかなり遅いと思うんですが、芽が出てきてたので、畑の端っこに試しに植えてみようと思います。
場所は玉ねぎの畝の東側。庭木とか雑草がかなりはびこってる辺り。ちゃんと育ったとしたら背が伸びるかもしれないので、邪魔にならないように塀というか庭の境界寄りの隅を使ってみます。ここらはドクダミとかツワブキがガンガン勢力を伸ばしてきているので、こいつらの根切りも兼ねてとりあえず耕起するですよ。
IMG_2960
結構下の方まで掘ったw。
それなりに深掘りすると、硬ーい砂利が層になった所が出てくるんですよねえ。っていうか、うちの庭は砂利だらけの土なんだなあ元より。そんなん訳で少しでも柔らかくしといた方が良いのではと思い、コンポストの下から取ってきた堆肥を加えて混ぜる。
IMG_2962
化成肥料と苦土石灰も混ぜ込んで土を埋め戻し〜。
IMG_2966
刈った草を畝の脇に敷いたんですが…
IMG_2964
パッと見、畝立てというよりも草刈りしたみたいな感じですな(苦笑)。
まあ、とりあえず当初はこれでいいにしようかと思ったんだけど、玉ねぎ植えた時に買った黒マルチが大量に残ってるので、折角だからそれを敷くことにしましたよ。扱いがぞんざいで、まだ下手くそなのでしわっしわになりますが、周囲から侵略してこようとする雑草よけにはなるかなあ。
IMG_2969
穴あけブッスー。里芋、3つあったので3つ穴あけて植えました。っていうか埋めましたな感じw。
IMG_2973
案の定マルチしわっしわw。使い慣れないだけあって、この後、巻いて置いてあったこの残りのマルチ、うっかり庭に忘れかけましたわw。
まあ、いつもいつもの事ではありますが、今回の里芋も、伸びて、育って、ちょびっとでも食べられる所が出来てくれればラッキーってな感じでヨロシク。目標としては正月用の雑煮に入れる分位が回収できるとありがたいですね。(ささやか)

さて、6月上旬の畑全体の様子はというと、ニラがあちこちに伸びています。一応、畝立ての際に畝に被る部分に育ったニラは根の塊ごと掘り起こして、畑の隅の方に移植してあります。シソもこぼれ種から芽吹いた小さいものがあっちこっちに見うけられます。草むしりしがてら間引いたものは薬味として使うべく収穫する感じですね。最初のうちはちょぼちょぼだったので、遠慮がちに採っていましたが、6月入って「大葉」らしく葉が大きめに育ってきましたので、ガンガン活用していこうかと思います。そして窓際の緑のカーテンの根元周辺に、できたシソの群落には、何やら一部に早くも(早すぎ)花がついたやつがあったので収穫してみましたよw。
IMG_2977
IMG_2986
花を軸からこそぎ落として、葉っぱを細かく刻んで一緒に醤油につけました。この醤油、豆腐とか食べるときに使おうw。