雨水タンク

雨水タンク掃除とミノムシ

小さな畑日記担当の井原裕士です。7月下旬に入って夏いよいよ真っ盛り。朝夕の水やりをサボると鉢物の植物は枯れてしまいそうな勢いの暑さ。
梅雨があけたら今度は雨が少なくなってしまったので100Lの雨水タンク2つ分を使い切ってしまいました。たまには夕立でも降ってくれればいいな〜と適度なお湿りを期待する感じです。そんな訳で空になったタンクを久しぶりに掃除しましたよ。DSC_0094
ゴミが入らない様な作りになっているとはいえ、やはり大気に漂う細かいホコリは雨と共にどうしても流入してきてしまいます。水は綺麗でも底には徐々にそれら黒いサラサラした細かい粒子状の汚れが沈殿するので、空になったタイミングで洗い流してやらないといけません。ここしばらく空にするほどは使い切ってなかったから、この汚れは2〜3年分くらいかなあ?
DSC_0100
タンクの底を擦って抜いたすすぎ水は、汚れの粒子が撹拌されて混ざった状態なので全体黒いですが、時間がたつとおそらく沈殿します。とは言え、防災用として設置しているので、やはり綺麗な状態でタンクを使いたいですもんね。
DSC_0095
スッキリ綺麗になったヨーw。このタンク、災害時は生活用水としての使用を考えていますが、もしもの時はタンクの水をフィルターでろ過して飲む事も想定しております。多少の汚れは入っても、基本天然の蒸留水ですから、安全度という点では川の水よりは良いのではないかと考えています。まあ、そういう事態にならない方が良いので、ペットボトルの水の備蓄も一応あるし、あくまでも災害時の保険なのですが。
あ、そういえばタンクの蓋を外したら、タンク本体の淵の部分にこんなのがくっついていましたよ。
DSC_0096
DSC_0097
DSC_0098
わかります? ミノムシですよ〜〜。
DSC_0099
蓋をつけると丁度雨よけになる感じ。ミノムシは生息数が減っているそうですが、こんな所に隠れていたりするんですねえw。



小さな畑の雨水タンク

小さな畑日記です。
なんか更新するペース遅れてますが、ネタ元の写真は撮ってあるので徐々にやっていきますね〜。

さて、畑をやるには水が必要になるのですが、うちでは雨樋で集めた雨水を水源として利用しています。
元々は防災用に使うつもりの備えとして2007年頃にDIYで設置しました。そっかー。もう10年以上使っていることになるんですね。

使っているタンクは漬物が入っていたらしい食品輸入用の蓋つきのポリタンク100L?×2と200Lくらいのもの。
お安くヤフオクで出ていたものをいくつか購入して、ホールソーで穴を開けてパッキングを噛ませて下の方にボールバルブを取り付けてあります。普通の蛇口を使うと水圧がかからない場合は水の出があまりよくないそうなので、コックをひねって通水するボールバルブを採用。水道用の塩ビのパイプを使って、上の方に水の取り入れ口をつけて雨樋側からの水を入れる構造です。

 雨樋のところからの水の分岐はペットボトルで自作したフィルターを使っています。
IMG_8221

日当たりが良い場所にあるため、フィルタ部分にに藻が繁殖したりして汚れるので、年に数回くらいはメンテナンスが必要なのですが、クリーニングがてら分解した時に写真を撮ってみました。
これが雨樋につなげてある自作のフィルターです。日に焼けてペットボトル白濁してます(^_^;)。
IMG_8219
安定させるためにペットボトル二重にして引っ掛けてあります。スライドして上のフィルタ部分を外します。
IMG_8209

取り外した写真がこれ。もう10年以上使いっぱなので、ホースが劣化しちゃって爛れた感じになっちゃってますが、使用には特に問題なし。
IMG_8206

全部分解すると。
 フィルタになる金属メッシュの部分
 内筒のアルミ缶
 外側のペットボトル
 タンク側へ水を逃すための取水用のペットボトルの口の部分
 ペットボトルの口につけて簡易じょうろにするパーツを切ったもの(ホース連結用に加工)
 タンクへ連結するホース
 ホースをしっかり固定する金属製のリングベルト

というパーツになります。
IMG_8192
IMG_8186

ざっくりと構造を図解するとこんな感じ。雨樋を通って落ちてきた雨水は、フィルタで大きいゴミを取り除かれ、外筒のペットボトルとアルミ缶の間に溜まって、脇の取水口からタンク側に流れるという仕組みです。ゴミと多すぎる雨水はオーバーフローとして下水に流れます。
雨水タンク構造

雨樋の中をゴミが通ってきた場合にそれを取り除くのがメッシュのフィルターです。(100均で買った茶漉しをメッシュの薄いアルミ板にステンレスワイヤーで縫い付けて改造。)
IMG_8205

フィルタを外すとこう↓。
IMG_8203
使う時は手の指のあるあたりにメッシュがつけてあります。
IMG_8202
IMG_8198

取水口(プラのじょうろを切った部分)を外した様子がこう↓。IMG_8197
内側に大きめの口径のアルミ缶の筒↓。
IMG_8196

アルミ缶で作った内筒を外すとこう↓。IMG_8195
IMG_8184
アルミ筒は飲料用の広口のボトル二本を切って上下に噛ませて作りました。この内筒は水道補修用の白いテープを片方の口に巻いて、一番下にくるペットボトルの穴にねじ込んで密着させて固定します。

外筒のペットボトルの脇に出ている取水口は、開けた穴に別のペットボトルから切り離した口の部分を噛ませてあり、じょうろの口をつけた時にパッキングでしっかり密着するようになっているので、水漏れせずに雨水タンクに流れていきます。


…なんかフィルター自慢になってしまった。
作るのが楽しくなっちゃって私はフィルタを自作しましたが、庭木の水やりに雨水使うだけなら雨樋直結でも全然問題ありません。

うちでは雨水タンク、使えるようになってから余った水がもったいなくて畑を始めた感じなのですが、いざという時に生活用水として使えるので、防災用品として雨水タンクオススメですよ!

メンバーリスト
ギャラリー
  • 小さな畑の枯れたトマトを撤去
  • 小さな畑の枯れたトマトを撤去
  • 小さな畑の枯れたトマトを撤去
  • 小さな畑の枯れたトマトを撤去
  • 小さな畑の枯れたトマトを撤去
  • 小さな畑の枯れたトマトを撤去
  • 小さな畑の枯れたトマトを撤去
  • 小さな畑の枯れたトマトを撤去
  • 小さな畑の枯れたトマトを撤去
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ